ただアニメをほめるだけ

心から見て欲しいと思えるアニメ、アーティスト、声優等を紹介します。時々筋トレも。

アニメ

『カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if-』ヴァンガード好きにはたまらないネタが盛りだくさん!可愛いヒロインやアドリブなど濃厚すぎる2クール【感想・考察・評価】

『カードファイト!! ヴァンガードシリーズ』。 放送が始まった当初は、カッコいい男性キャラクター達と想いが乗ったカードファイト、そしてJAM Projectによる熱い主題歌と、どちらかと言えば男らしさ・熱血系が売りの作品だったように感じていました。 約10…

『わたしのアニメ歴3選』こんなにも自分をアニメオタクにしてしまった作品たちとの出会いとエピソードについて語ります!

2020年11月29日、Netflixさんが行ったTwitterの企画『わたしのアニメ歴3選』が大きな話題を呼んでいます。 Twitterでは好きな作品を上から3つ挙げている人が多い印象ですが、このハッシュタグを見た時の自分のイメージはアニメ人生の中でも転機になった3作品…

『ベイブレードバースト スパーキング』第11話「夢のタッグバトル!!」&第12話「白鷺城×鬼ヶ島!」バルトとフリーとルイの活躍が見られる30分!ベイブレードバーストおじさん歓喜【感想・考察・評価】

『ベイブレードバーストシリーズ』。 2016年からアニメの放送が開始した、『ベイブレード』の第3世代と言える作品群です。 累計話数は既に240話を突破している大人気シリーズで、第4期からネット配信のみになりましたが、第5期『ベイブレードバースト スパー…

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』第8話「伝えたいんです!」1億のNoに勝つYes!ずっとIDOLiSH7を見てきたからこそのマネージャーの言葉に涙【感想・考察・評価】

言葉。 時に人を傷つけ、時に人を励ます、使いようによって武器にも愛にもなる非常に難しいものです。 どちらかというと、発する側も否定的な言葉の方が簡単に頭に浮かびやすく、読む側も否定的な言葉だけを気にしてしまいがち。 そんな言葉に苦しむIDOLiSH7…

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第6話「笑顔のカタチ(〃>▿<〃)」出来ないことは出来ることでカバーすればいい。人と関わるのが苦手な人に見て欲しい感動の30分【感想・考察・評価】

コミュニケーション。 会話内容はもちろんのこと、表情や身振り手振り、絶妙な空気感など、全人類行わないといけないことなのに、非常に難易度の高い大きな課題です。 自分も1対1の会話にはそこまで苦手意識はありませんが、大人数でのコミュニケーションは…

ブログ記事200日連続投稿記念!アクセス数・割合、収益など全て公開しながら今後の改善点を模索します!【はてなブログPro】

ありがたいことに今回の記事で、ブログ記事の連続投稿が200日目になりました! これもひとえに普段見てくださっている皆様のおかげです、ありがとうございます。 前回100日連続投稿の際も記事を書きましたが、なかなか好評だったので、今回は100日連続投稿時…

『アサルトリリィ BOUQUET』第6話「スミレ」一柳隊の絆で紡がれるノインヴェルト戦術!ルナティックトランサーという呪いに向き合う夢結と梨璃【感想・考察・評価】

『アサルトリリィ BOUQUET』。 2020年秋から始まった、女性同士の絆が描かれる素晴らしいオリジナルアニメです。 1話1話、見ごたえのあるエピソードなのに、しっかりとキャラクターの掘り下げがされている構成も秀逸。 ということで今回は、一柳隊全体の絆を…

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』第7話「滲む不協和」ギクシャクするIDOLiSH7。三月の辛すぎる状況と打ち明けられる本心に思わず涙【感想・考察・評価】

『アイドリッシュセブン』。 数ある男性アイドル作品の中でも、シリアスなストーリー、鬱展開が大きな特徴の作品です。 辛い分だけ、そこを乗り越えた先のカタルシスも大きいんですが、辛いものは辛い。 今回はそんな『アイドリッシュセブン』の中でも、特に…

『戦翼のシグルドリーヴァ』第5話「館山基地合流遊撃隊!」坂田理さんによるお風呂作画!ストⅡオマージュ!園香と天塚の過去とは!?【感想・考察・評価】

『戦翼のシグルドリーヴァ』。 2020年秋より始まった、豪華スタッフによるオリジナルアニメーションです。 藤真拓哉さんがキャラクター原案を務める可愛らしい女の子が、鈴木貴昭さんが設定考証をした兵器に乗り、長月達平さんの描く楽しげでありながら戦死…

『神様になった日』第4話「闘牌の日」二色同順!?無限立直!?麻雀が好きな人ほど楽しめるトンデモギャグ麻雀回!【感想・考察・評価】

麻雀。 子供から大人まで遊ぶことができ、ルールは覚えてしまえば簡単なのに、奥はどこまでも深い、日本でも大人気な不完全情報ゲームです。 自分も毎日「雀魂」をプレイしていますし、Mリーグや牌譜検討の生放送などもちょくちょく見ています。 今回は、麻…

『羅小黒戦記〜ぼくが選ぶ未来〜』シンプルなストーリーに優しい空気感。迫力溢れる中国アニメーション作画は全人類必見の101分 ※ネタバレ注意【感想・考察・評価】

『羅小黒戦記』。 中国原作で中国制作の、正真正銘の中国アニメーションです。 深夜アニメでも中国制作の作品は増えてきていますが、日本人が関わっていない、そして劇場版ともなればかなりレアかと思います。 2019年9月に字幕版が公開されましたが、2020年1…

『魔女見習いをさがして』かつて『おジャ魔女どれみ』を見ていたあなたへ。今でもあの子たちが背中を押してくれる、感動の物語 ※ネタバレ注意【感想・考察・評価】

『おジャ魔女どれみ』。 1999年に放送が開始し、放送20周年を記念して本作、『魔女見習いを探して』が制作されました。 かつて『おジャ魔女どれみ』を見ていたあなたも私も、今では立派な大人。 辛いこともある現実と向き合いながら、おジャ魔女たちに背中を…

『メジャーセカンド』第25話「キミとまた…」絶望的な展開から迎えた最終回!風林中野球部を繋ぐ本当に大切な想いとは…【感想・考察・評価】

『メジャーセカンド』。 『東京アニメアワード2021』に選ぶほど本当に大好きで、2020年を代表する作品だと思っている一本です。 辻堂中の野球部に入っていた光によって、メンタルを粉々に砕かれた大吾。 このままでは風林中野球部の団結も失われてしまう、絶…

『もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ』13年ぶりの新作アニメ!変わらぬゾロリたちの魅力や、伝統ともなっている最強制作布陣の主題歌を紹介!【感想・考察・評価】

児童文学。 主に0歳~12歳の子供たちが読むことを想定した、その人の人生を大きく変えると言っても過言ではない大切な書物です。 皆さんの心に一番残っている児童文学は何ですか? それは、『かいけつゾロリ』ではないですか? ということで、今回は同シリー…

『勇者特急マイトガイン』第47話「嵐を呼ぶ最終回」今なお語り継がれる伝説の最終回!メタなネタはもちろん、悪役キャラのエピローグまで!【感想・考察・評価】

『勇者特急マイトガイン』。 『勇者シリーズ』第4作目にあたる作品で、テレ玉にて再放送していました。 断片的には知っていつつも、全編を通してみるのはこれが初めて。 今回は、今なお語り継がれる伝説の最終回第47話「嵐を呼ぶ最終回」をフィーチャーし、…

『赤毛のアン』アンの子供から大人までの成長譚!手のかかる女の子が立派な女性になるまでの感動の物語は見ているだけで母親の気持ちに※ネタバレ注意【感想・考察・評価】

赤毛のアン。 TOKYO MXの再放送もついに全50話が終了。 まさかアンがこんなに立派になるなんて、と感動もひとしおです。 今回は主要な登場人物4人についてピックアップし、序盤と終盤でこんなにも変わったんだなあというところをしみじみ語っていきたいと思…

『ハイキュー!! TO THE TOP』第17話「ネコVSサル」頭脳と根性!魅力的な敵はスポーツ作品の最大の醍醐味!捨て身の戦略に挑む!【感想・考察・評価】

魅力的な敵。 スポーツ作品において、敵をいかに魅力的に描くかは最大の肝。 勝つにしろ負けるにしろ、敵の存在感が無ければドラマチックな展開は望めません。 既に魅力的な敵がたくさんいる『ハイキュー!!』ですが、今まで描かれなかった新しい組み合わせ、…

『ハイキュー!! TO THE TOP』第16話「失恋」平凡な俺と戦い続ける田中の物語。全人類が共感して涙してしまう感動の30分【感想・考察・評価】

平凡努力型。 天才的な才能も、並外れたセンスもない平凡なキャラクターが圧倒的な努力と根性で、天才たちに立ち向かっていくストーリー。 物語の王道で、自分も大好きな展開です。 今回は『ハイキュー!!』の中でも平凡努力型の象徴・田中が、平凡な自分と戦…

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第4話「未知なるミチ」一人一人のステージへの第一歩!太陽の様に輝く宮下愛さんのポニーテールが美しすぎる【感想・考察・評価】

ポニーテール。 それは活発な女性の象徴。 サイドの残し方や、襟足の有無、結ぶ高さなど、好きな人ほどこだわりが多い、魅惑の髪型です。 今回は、100年に1人のポニーテール使い・宮下愛さんを中心に、団体ではなく、ソロでのステージについて描かれた神回、…

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第3話「大好きを叫ぶ」優木せつ菜の正体が明らかに!神曲「DIVE!」の演出も相まって心動かされまくりな30分【感想・考察・評価】

生徒会長。 アニメにおいては絶大な権力を握り、お堅く、主人公たちの行動を邪魔することが多い存在です。 誰もが生徒会長の権力がそんなにないことは知っているのに、それが当然となっている文化はちょっと面白いですよね。 ということで、今回はアニメ界一…

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第1話「はじまりのトキメキ」伝説の始まりを予感させる30分!圧巻のライブパフォーマンスや斬新な設定に驚き!【感想・考察・評価】

『ラブライブ!シリーズ』。 第1作『ラブライブ!』から始まり、NHK紅白歌合戦に出場にしたり、東京ドームでライブを行ったりなど数々の伝説を残してきました。 それに続く第2作『ラブライブ!サンシャイン!!』も東京ドームでのライブや、静岡県沼津市の町興し…

勝手に『2020年アニメ流行語大賞』!!一つでも知らない単語があったら"流行遅れ"です。

2020年11月5日、新語・流行語大賞ノミネート語30が発表され、大きな話題を呼びました。 「鬼滅の刃」、「ソロキャンプ」などアニメ関連のワードも入っている一方で、聴いたことも無い単語が7個ぐらいあって世の中とのズレを強く実感しました。 ということで…

2020年夏アニメ おすすめ作品10選!34作品の中から必ず1本は見たいと思える、面白い作品を紹介します!

2020年夏アニメ。 新型コロナウイルスの影響で、普段よりも放送されていた本数は少なくなっていましたが、どれも粒ぞろいの名作。 本当は全部見て欲しい作品なのですが、時間が無いあなたのために全てのアニメで4000字以上記事を書くぐらいには真剣に向き合…

2020年夏アニメ 勝手に声優アワード!圧倒的な熱演や演じ分け、出演本数など総合して演技に震えた声優さん5人を紹介します!

声優さんの演技。 アニメの本数を見れば見る程、上手いのが当然で、演技力に驚かされることもかなり少なくなっていきます。 このブログでも、ストーリーや作画をほめることはあっても、声優さんの演技にはあまり言及できていません。 演技に正解はないので、…

『東京アニメアワードフェスティバル2021』毎年恒例アニメ選挙!大好きなテレビアニメ3作品・劇場アニメ3作品を全力で選んでみた!歴代アニメファン賞のおさらいや、現在順位も!

『東京アニメアワード』。 2002年から始まった、1年間に制作されたアニメ作品やアニメ関係者を表彰する毎年恒例のイベントです。 以前までは何か勝手にやってるな、みたいな印象の強いイベントでしたが、 2014年から"アニメファン賞"が追加され、個々人の意…

『どうにかなる日々』女性同士、男性同士、小学生同士など多様な価値観の恋愛を日々の空気感で描く名作!クリープハイプさんのぴったりな主題歌も ※ネタバレ注意【感想・考察・評価】

志村貴子先生。 『青い花』、『放浪息子』など、思春期の甘酸っぱい恋愛模様を描く、青春群像劇の名手です。 この2本のアニメは自分も特に大好きで、見るたびに懐かしさや後悔、様々な想いが心を駆け巡ります。 そんな志村貴子先生作品の空気感や甘酸っぱさ…

『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』繰り返す一日を通して描かれるのどかの成長、豊富な小ネタ、スーパーグレースなど見所満載の1時間11分!※ネタバレ注意【感想・考察・評価】

プリキュア春映画。 放送を終えたプリキュアから、新世代のプリキュアにバトンを繋ぐ、毎年恒例となった非常に大切な劇場版作品です。 ところが今回は新型コロナウイルスの影響で延期に次ぐ延期。 無事公開していただいたことに感謝しかありません。 今回は…

『ゾイドワイルド ZERO』初代ゾイドのスタッフが集結!ゾイドの軍事利用、人と地球とゾイドの共存、各キャラクターの深堀エピソードなど見所満載!親子で楽しめる名作【感想・考察・評価】

『ゾイド』。 その歴史は1982年から始まり、1999年にテレビアニメ『ゾイド -ZOIDS-』が放送、一度ブームは去るものの、2018年に『ゾイドワイルド』として新シリーズを発表するなど非常に息の長いコンテンツです。 かくいう自分も1999年からのアニメを子供な…

『HERO MASK』善行にも悪行にも使える"マスク"を巡る物語!海外ドラマのようなおしゃれな雰囲気は普段アニメを見ない人にこそおすすめしたい作品【感想・考察・評価】

アニメの雰囲気。 ストーリー、キャラクターデザイン、音楽、背景、作画、演技、色々な要素が混ざり合って、そこから視聴者が受け取る絶妙なニュアンスです。 どれか一つが優れていても、雰囲気が良いとは限らないことも往々にしてあります。 今回は、その色…

『恋とプロデューサー〜EVOL×LOVE〜』超能力×恋愛で際立つそれぞれの想い!最高に可愛い"わたし"ちゃんやバラエティー豊かな男性陣、豪華な主題歌など【感想・考察・評価】

男性向けアニメ、女性向けアニメ。 あまり好きな区分の仕方ではないですが、実際男性向けアニメの一部は女性が見てもきっと何が面白いのかわからないだろうなと感じることもたまにあります。 しかし、世で一般に言われている女性向けアニメは、必ず全ての男…